【芸能】元Apeace・ドゥファンが40代女性を妊娠させ中絶、その後も続いた「男女関係」

【芸能】元Apeace・ドゥファンが40代女性を妊娠させ中絶、その後も続いた「男女関係」

元Apeace・ドゥファンが40代女性を妊娠させ中絶、その後も続いた「男女関係」

NO.8449145 2020/05/07 16:17

元Apeace・ドゥファンが40代女性を妊娠させ中絶、その後も続いた「男女関係」
元Apeace・ドゥファンが40代女性を妊娠させ中絶、その後も続いた「男女関係」
’11年に日本でデビューした韓国人男性アイドルグループ『Apeace(エーピース)』。

メンバー全員が身長180cm以上という抜群のスタイルと甘いマスクで人気を誇り、日韓の“架け橋”となるべく精力的に活動を続けている。

そのメンバーだった1人が、40代の日本人女性を妊娠させ、さらに中絶に同意したうえで、その後も肉体関係を続けた挙句、男女間のトラブルが起きていた──。

「彼女は今も毎日、泣いて過ごしています。相手には妻子がいて幸せそうな家庭があるのに、自分は妊娠させられて、中絶するハメになった。女手ひとつで育てていく自信と覚悟がなかったと、自分のことも責め続けているんです」やるせなさを訴えるように話す女性は、前述した40代の日本人女性・A子さんの友人。

その“相手”とは、Apeaceの元メンバーで、’18年6月に脱退したファン・ドゥファン(26)である。

■K-POPアイドルと“関係”を結ぶまで
A子さんとドゥファンの出会いは、’15年の初夏だった。

「A子は東京の六本木でお店を経営しており、常連客と一緒にやって来たのがドゥファンでした。A子は、当時21歳だったドゥファンとは18歳という年の差もあって、彼にいくら言い寄られても最初は取り合うことはなかったのですが、それでも毎日のように口説かれて、付き合うことになったんです」(A子さんの友人、以下同)

’15年のクリスマスと年末年始は一緒に過ごし、初詣にも出かけた。

順調だと思われた交際も1年半ほどが過ぎたころ、ある出来事が。

「ドゥファンには、A子と知り合う前から付き合っていた恋人がいたことが発覚し、それが現在の奥さんなんです。実は彼、Apeaceを脱退する前にはすでに入籍をしており、A子だけでなくファンのことも裏切っていたんです」これを機に、ふたりの仲は疎遠になったが……。

【日時】2020年05月07日 11:00
【ソース】週刊女性PRIME
【関連掲示板】


[匿名さん] 

続きを読む

Source: 芸能ニュースまとめサイト
【芸能】元Apeace・ドゥファンが40代女性を妊娠させ中絶、その後も続いた「男女関係」