【芸能】小島瑠璃子、「あざとい」と世間に揶揄されて嘆き 「ヤケになっていた」

【芸能】小島瑠璃子、「あざとい」と世間に揶揄されて嘆き 「ヤケになっていた」

1 砂漠のマスカレード ★ :2020/05/06(水) 22:15:59 ID:2SOrnl3o9.net

5日深夜放送『あちこちオードリー ~春日の店あいてますよ~』(テレビ東京系)にこじるりこと小島瑠璃子が登場。世間から「あざとい」と揶揄され苦しみながらもそれを乗り越えた方法を告白し、話題を集めている。

バラエティで大活躍
そつのない進行と番組を盛り上げる合いの手やリアクションなど、バラエティで求められる能力の高さが評価され多くの番組に出演するこじるりに、オードリーも「26歳なのに芸能界の馴染み方がスゴイ」と称賛をおくる。

そんなこじるりは「緊張しない」タイプ。大きな番組でも自分らしく活躍できるのが彼女の強みで、それが「デビューしてすぐに売れた要因」だと語られた。

「あざとい」批判
しかしこじるりは世間から「あざとい」と揶揄されがちだ。それに悩み「一生懸命仕事をしても『あざとい』と言われる。その答えを探さないと今後は生き残れない」と発言したこともあったが、この発言に対して「ちょっとヤケになっていた」とこじるりは振り返った。

それでも半年後には「諦めた。あざといと言われてもしょうがない」と心機一転。

「言葉をスゴく選んで『テレビで流れるように仕事をしないと』っていうのがもしかしたら『あざとい』と映るのかも。それならたしかにやっている、『あざとい』と言われても仕方がない」と考え直したと明*。

視聴者は応援
「あざとい」との揶揄に悩みながらも、それを受け入れたこじるり。視聴者からも多くの意見が寄せられている。

「こじるりちゃんをあざといってそれ、ただの嫉妬」「テレビとは本当の事を言うと炎上したりしてしまう、でも本当じゃない事を言うとあざとい、嘘ついてると言われる難しい世界」とこじるりの苦悩に共感する声が目立っていた。

1割強が「あざとい女性好き」
あざとい、小悪魔的な女性の魅力に惑わされる男性はいる。しらべぇ編集部で全国10~60代の男性817名を対象に調査したところ、男性の14.6%が「あざとい女性が好き」と回答していた。

あざとい女性に好意を寄せる男性は少ない。女性同士であれば余計にあざとさが鼻につく場合もあるはず。その気はないのに「あざとい」と揶揄されてこじるりが悩んだのも当然と言えるだろう。

https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12189-20162319724/
2020年05月06日 15時20分 しらべぇ
sirabee20191210kojimaruriko8

続きを読む

Source: 芸能ニュースまとめサイト
【芸能】小島瑠璃子、「あざとい」と世間に揶揄されて嘆き 「ヤケになっていた」