【芸能】室井佑月と元新潟県知事・米山隆一が結婚 「お似合い」「吐き気が」「混ぜるな危険!」など驚きの声

【芸能】室井佑月と元新潟県知事・米山隆一が結婚 「お似合い」「吐き気が」「混ぜるな危険!」など驚きの声

室井佑月と元新潟県知事・米山隆一が結婚 「お似合い」「吐き気が」「混ぜるな危険!」など驚きの声

NO.8464500 2020/05/11 20:35

室井佑月と元新潟県知事・米山隆一が結婚 「お似合い」「吐き気が」「混ぜるな危険!」など驚きの声
室井佑月と元新潟県知事・米山隆一が結婚 「お似合い」「吐き気が」「混ぜるな危険!」など驚きの声
作家・室井佑月氏(50)との結婚が報じられた前新潟県知事の米山隆一氏(52)。その米山氏は5月9日の夕方、室井氏との結婚について「週刊文春」の直撃取材を受けていた。

当時、新潟県知事だった米山氏が出会い系サイト「ハッピーメール」で知り合った複数の女子大生と援助交際をしていたことを「週刊文春」が報じたのは2018年4月のこと。

米山氏は「(女性に金銭を渡して)歓心を買おうと思った」という迷言を残し、在任わずか約1年半で新潟県庁を後にした。

「彼は灘高、東大医学部を卒業後、医師免許を取得。さらに司法試験にも合格しているスーパーエリートですが、女性には縁がなく、40代になっても結婚相手に恵まれなかった。

知事になっても独り身の寂しさには勝てなかったのか、女子大生に金銭を渡し、東京に借りていたマンションに招いていたのです」(地元記者)

それから苦節2年。ようやく米山氏に春が訪れた。

「室井さんとはツイッターなどで意見交換をする仲で、脱原発など政治信条も近かった。

2016年10月の新潟知事選で、米山氏が脱原発政策を掲げて当選した際、室井氏はスポーツ紙のコラムで『正義は勝つ!』と書くなど大喜びしていました。今年初め頃から急速に仲を深め、交際に発展したと聞いています」(米山氏の知人)

室井氏を知るテレビ局関係者が明かす。

「室井氏はコラムなどの原稿執筆の他、ワイドショーのコメンテーターや『中居正広の金曜日のスマたちへ』(TBS系)にレギュラー出演するなど、幅広く活動しています。私生活では作家の高橋源一郎氏と1999年8月に結婚し一児をもうけましたが、01年に離婚しています」

そんな米山氏は、次期衆院選に出馬の意欲を示しているという。

「辞任後、『能力がある人なのに、女で辞めるのはもったいねえ』という同情論がありましたが、再出馬の話題が出るたびに支援者からは『地盤を固めるより、まずは身を固めろ』と反対されていました」(県議会関係者)

5月9日夕方、米山氏を電話で直撃した。

――近々結婚されると聞きました。

「(少し間があって)いやぁ、知りませんね」

――室井佑月さんと交際していますよね。

「いやぁ、知りませんね」

――面識もない?

「面識はありますよ」

――交際の事実はまったくないということ?

「(少し間があって)知りませんですね……」

――否定? それとも答えられない?

「知らないです」

――衆院選に出馬を予定していると聞くが。

「知らんです」 

室井氏というパートナーを得た米山氏は、再び政界復帰を目指すのだろうか。

■室井佑月&米山隆一が新婚へ
5月9日、作家・室井佑月氏(50)との結婚が間近だと報じられた前新潟県知事の米山隆一氏(52)。同日深夜、米山氏は自身のtwitterで婚約を報告した。

〈新型コロナの事がありますので余り大事にしない様にと思いご報告を控えておりましたが報道されている通り室井佑月さんと近日中に入籍の予定です。

大変ご迷惑をおかけしたにも関わらずここまで様々に支えて下さった皆様に心から御礼申し上げます。今後ともご指導ご鞭撻の程どうぞ宜しくお願い致します〉

紹介したのは「I am not ABE」の論客

東大卒で弁護士資格と医師免許を持つ米山氏が、室井氏と出会ったのは昨年12月。政治評論家の古賀茂明氏(64)の紹介だったという。

古賀氏といえば2015年、自身がコメンテーターとして生出演していた「報道ステーション」(テレビ朝日系)で、「I am not ABE」のフリップを出して話題となった論客だ。

■「過去は過去だから」
「最初は仕事の縁だったようですが、かねてから米山さんはワイドショーで歯に衣着せぬ発言をする室井さんのファンだったようです。アタックしたのはもちろん米山さん。

室井さんの著作をすべて読破し、年が明けてから表参道のイタリアンで初デート。2月27日の室井さんの誕生日には、六本木ヒルズのフレンチレストランで過ごし、この頃には結婚を前提にした交際を申し込んでいました。

交際の申し込みに対して室井さんは『断る理由は無い』と言っていましたが、バツイチで家族もいたことから結婚には慎重だった。

知事辞任の原因となった過去の買春報道については、『過去は過去だから』とまったく気にしている様子はありませんでした」(共通の友人)

新潟県知事だった2018年4月、米山氏が出会い系サイトを利用して複数の女性と援助交際の関係にあったことを「週刊文春」が報じた。これを受けて、米山氏は知事を辞任した。

取材班が入手した室井氏の50歳のバースデー記念写真。満面の笑みで写る2人の間にはホールケーキとともに1本の蝋燭が立てられている。

「米山さんは暗い夜道でもなかなか手を繋ごうとしない。室井さんにしてみれば、『今までにいないタイプだった』そうです。誕生日の次のデートではバラの花束を届けたり、『とにかくロマンチックだった』と。

3月に入り、コロナで自粛ムードの中、『花見のシーズンでも外には出れらないから』と、米山さんは室井さんのために部屋に大きな椿の花を取り寄せていました」(同前)

昨夏、乳がんの手術を受けた室井氏は、新型コロナウイルスに関する連日の報道で不安な日々を過ごしていたという。医師でもある米山氏は彼女の精神的な支えとなっているという。

「4月、室井さんは家族や事務所など関係各所に結婚の意思を報告しました。米山さんも地元の支援者に既に報告しており、5月20日に発表する予定でしたが、9日の報道で早めるようです。5月10日か11日には籍を入れると聞いています」(同前)

5月10日、「文春オンライン」特集班は米山氏を自宅前で直撃。胸の内を聞いた。

――結婚おめでとうございます。

「このような時期に私事ですいません」

――古賀茂明氏さんの紹介で室井さんと出会ったそうですが。

「とても信用できる方からの紹介で、仕事のご縁で出会いました」

――室井さんのファンだったそうですが、実際に会った第一印象は?

「ええ、テレビで観たままの方でした。表裏もなくて」

「怒られるので、バラの花束は30本」

――交際はどちらから? デートではどのような話をしていますか。

「私から食事に誘わせてもらいました。政治の話や話題になったニュースの話、年齢も近いので、互いの幼少期の話をしたり、地元の話などもしています(※米山氏は新潟県魚沼市、室井氏は青森県八戸市の出身)」

――バラの花束を贈ったそうですが、(50歳の)誕生日プレゼントですか?

「誕生日に間に合わなくて翌週に渡しました。50本だと多すぎるし怒られると思い、30本にしました」

――プロポーズの言葉は?

「2月、交際を申し込んた際に『結婚したい』ともお話ししているので、それがプロポーズとなっております」

――入籍はこれから?

「なるべく早いうちに(婚姻届を)提出しに行こうと考えてます」

――式や披露宴の予定は?

「このような時期ですので決まっていませんが、私としてはいつかやりたいと考えています」

【日時】2020年05月11日
【提供】gossip!>
【関連掲示板】


[匿名さん] 

続きを読む

Source: 芸能ニュースまとめサイト
【芸能】室井佑月と元新潟県知事・米山隆一が結婚 「お似合い」「吐き気が」「混ぜるな危険!」など驚きの声