【芸能】きゃりー、〈歌手やってて知らないかも〉に“ブチ切れ”も集まった「同情の声」

【芸能】きゃりー、〈歌手やってて知らないかも〉に“ブチ切れ”も集まった「同情の声」

きゃりー、〈歌手やってて知らないかも〉に“ブチ切れ”も集まった「同情の声」

NO.8480711 2020/05/16 13:52

きゃりー、〈歌手やってて知らないかも〉に“ブチ切れ”も集まった「同情の声」
きゃりー、〈歌手やってて知らないかも〉に“ブチ切れ”も集まった「同情の声」
イラっとしてしまうのも無理はない!?

きゃりーぱみゅぱみゅが5月10日、自身のツイッターを更新。

検察官の定年を65歳に引き上げる法改正案に反対する意思表示を示したところ、思わぬ反撃を受け、怒りを露わにした。

同日にはツイッターで〈#検察庁法改正案に抗議します〉というハッシュタグがトレンド入りし、芸能人でも小泉今日子、井浦新、綾小路翔、城田優などといった面々も同様のハッシュタグをつけ、改正案に反対を表明している。

きゃりーもその1人で件のハッシュタグとともに、検察庁法改正案の問題点を相関図形式でまとめた画像をツイートしたのだが、これに政治評論家の加藤清隆氏が反応。

加藤氏は〈歌手やってて、知らないかも知れないけど、検察庁法改正案は国家公務員の定年を65歳で揃えるため。安倍政権の言いなりになるみたいな陰謀論が幅をきかせているけど、内閣が検察庁を直接指揮することなどできません。デタラメな噂に騙されないようにね。歌、頑張って下さい〉と、まるできゃりーが大した知識も持たずに、周りに流されてこのようなツイートをしたとでも言いたいかのような意地悪なコメントを返している。

歌手だから政治に詳しくないという偏見全開の考えには、きゃりーも〈歌手やってて知らないかもしれないけどって相当失礼ですよ、、、、〉と反論し、相当お怒りのようだ。

この加藤氏の“嫌味ツイート”について、ネット民からはむしろ、〈歌、頑張って下さい〉の部分に関して、「口パク批判かな」「歌手活動が下火になっているきゃりーにとっては痛いところツッコまれたな」「これはきゃりーは相当顔真っ赤にしてるだろうな」など、きゃりーの現状を考えると怒るのも無理はないと共感する声が上がっている。

【日時】2020年05月13日 17:59
【ソース】アサ芸プラス


[匿名さん] 

続きを読む

Source: 芸能ニュースまとめサイト
【芸能】きゃりー、〈歌手やってて知らないかも〉に“ブチ切れ”も集まった「同情の声」