【芸能】トイレでサクっと15分…なぜ渡部建の不倫は日本中を憤怒させたのか

【芸能】トイレでサクっと15分…なぜ渡部建の不倫は日本中を憤怒させたのか

トイレでサクっと15分…なぜ渡部建の不倫は日本中を憤怒させたのか

NO.8582679 2020/06/17 20:39

トイレでサクっと15分…なぜ渡部建の不倫は日本中を憤怒させたのか
トイレでサクっと15分…なぜ渡部建の不倫は日本中を憤怒させたのか
■いつも以上に女性が不倫した人に怒っている
またも、天下の文春砲が炸裂し、一人のお笑い芸人のキャリアが葬られた。

お笑いコンビ、アンジャッシュの渡部建さんは、『週刊文春』6月18日号で、複数の女性たちとの不倫を明かされてしまった。

『週刊文春』による芸能人の不倫報道は、その都度世間を騒がせる一方で、小室哲哉さんの報道のときのように、読者などから不倫報道事体の是非を問われるようなことも起きる。

しかし、渡部さんの不倫に関していえば、不倫報道の是非という本来国民が真剣に考えるべきテーマではなく、渡部さんに対する批判のほうが大きいように感じる。

「今回の報道に対し、これまでの不倫報道よりも怒りをあらわにしている女性は多いと感じます」。

そう話すのは恋愛コンサルタントの鈴木リュウ氏だ。

この不倫は一体いつもの文春砲とは何が違うのか。

何が、世の女性の怒りを爆発させているのだろうか——。

■女性をモノ扱いしていることが許せない
「渡部さんの不倫は本当に許せない。仮にテレビに出てきたら即効チャンネル回します。顔を見たくない」

そう憤るのは都内のIT企業に勤務する40代女性事務員だ。

一体何がそんなに許せないのだろうか。

「文春は『テイクアウト不倫』と言っていますが、あれは不倫とも言えないのではないでしょうか。少なくとも女性を女性ではなく、モノとでも思っているように感じます」

文春報道によれば、渡部さんは女性を呼び出しては15分ほどでコトを終わらせ、帰り際に「またね」と1万円を渡していたという。

さらに、六本木ヒルズの地下駐車場の多目的トイレを密会場所に指定したいたそうだ。

文春に記載されている「本来、多目的トイレは身体障碍者の方などの利用を想定して設置されたもので(性的行為は)公序良俗に反する目的外使用に当たります。定期的に警備員が巡回を行っており、そうした行為をみつけた場合には、当然注意をしています」というビルを管理する森ビルの担当者の声が何とも味わい深い。

【日時】2020年06月15日 17:00
【ソース】プレジデントオンライン


[匿名さん] 

続きを読む

Source: 芸能ニュースまとめサイト
【芸能】トイレでサクっと15分…なぜ渡部建の不倫は日本中を憤怒させたのか