【芸能】不倫や性犯罪に厳しい韓国 “東方便器”ユチョンと渡部健の共通点

【芸能】不倫や性犯罪に厳しい韓国 “東方便器”ユチョンと渡部健の共通点

不倫や性犯罪に厳しい韓国 “東方便器”ユチョンと渡部健の共通点

NO.8673266 2020/07/18 12:39

不倫や性犯罪に厳しい韓国 “東方便器”ユチョンと渡部健の共通点
不倫や性犯罪に厳しい韓国 “東方便器”ユチョンと渡部健の共通点
「男は短い棒で人生を棒に振るんだ」韓国で大ヒットした映画「怪しい彼女」でヒロインが口にするセリフだ。

不倫が発覚したお笑いコンビ・アンジャッシュの渡部建も“棒”で“棒”に振ってしまいそうだが、この件に対する韓国での関心は意外にも低かった。

今年1月、東出昌大と唐田えりかの不倫が発覚したときとは大違いだ。

当時、東出昌大については、まるで自国の俳優かのように批判が浴びせられた。

韓国人女性はこう説明する。

「東出昌大の場合は映画『寝ても覚めても』(2018年)が韓国で公開され、知名度もありました。渡部建は、ほとんど知られていません。佐々木希は韓国でも有名ですが、夫にまで興味がないんです」

実際、韓国でも渡部建の不倫が報じられたがコメント数は少なく、無関心ぶりがうかがえる。

「佐々木希に対する同情の声もありますが、それよりはむしろ日本の芸能界の不倫の多さに驚きます」

たしかに、韓国では芸能人の不倫報道が極端に少ない。

「韓国では男性の不倫や性犯罪は厳しく叩かれます。一度でもそういうレッテルを貼られたら復帰するのが難しい。不倫するならそれこそ命がけでしょうね」と前出の韓国人女性は言う。

また、渡部建の“トイレ不倫”については「元JYJのパク・ユチョンみたい」と切り捨てた。

2016年、JYJのメンバーだったパク・ユチョン(元・東方神起)がトイレで女性を性的暴行したとして告訴された。

現場となったのはキャバクラの個室トイレ。

その後もユチョンにトイレでレイプされたという女性たちが次々と登場。

「ユチョンの自宅トイレでレイプされた」という女性まで現れた。

結局、強制性はなかったとして嫌疑なしとなったが、ユチョンの兵役中に起きた出来事でイメージダウンは免れなかった。

くしくも渡部建の不倫現場もビルのトイレで、ユチョンと共通している。

そのユチョンは“便器ユチョン”“東方便器”と呼ばれていた。

別の韓国人女性はこう話す。

「韓国ではユチョンや渡部建のような男を“ちんこの宿主”と呼んでいます。“ちんこが脳を支配して操っている”という意味です」

韓国ではさほど知られていなかった“世界の渡部”に、このような不名誉なイメージがついてしまったのは残念だ。

【日時】2020年07月18日 09:26
【ソース】日刊ゲンダイ
【関連掲示板】


[匿名さん] 

続きを読む

Source: 芸能ニュースまとめサイト
【芸能】不倫や性犯罪に厳しい韓国 “東方便器”ユチョンと渡部健の共通点