【芸能】石田ゆり子「もう呆れるしかない」お見合い報道を速攻否定も…実は恋多き女 華麗なる恋愛遍歴

【芸能】石田ゆり子「もう呆れるしかない」お見合い報道を速攻否定も…実は恋多き女 華麗なる恋愛遍歴

石田ゆり子「もう呆れるしかない」お見合い報道を速攻否定も…実は恋多き女 華麗なる恋愛遍歴

NO.8780260 2020/08/21 20:09

石田ゆり子「もう呆れるしかない」お見合い報道を速攻否定も…実は恋多き女 華麗なる恋愛遍歴
石田ゆり子「もう呆れるしかない」お見合い報道を速攻否定も…実は恋多き女 華麗なる恋愛遍歴
8月初旬の夜、家族連れで賑わう中華料理店に、石田ゆり子(50才)の姿があった――。

髪を後ろで1つに束ね、メイクも控えめな石田。

本格的な麻婆豆腐が、リーズナブルな料金で味わえるというその人気店に、上品なドット柄の白いワンピースと、透けるような白い肌が輝きを放っている。

「石田さんは窓際のテーブル席に、4人で座っていました。雰囲気的に、年配の女性2人に年下の男性を紹介してもらっている感じでしたよ。仲介者の女性が男性に向かって“あなた、石田さんを前に緊張してるんじゃないの?”なんてからかうと、石田さんは“もう、そんなこと言わないでくださいよ〜”と、男性をかばいながら恥じらう笑顔が、とってもかわいらしかった。まるでお見合いのような雰囲気でしたよ」(居合わせた客)この時期は、新型コロナウイルスの影響で中断していた仕事も再開。

忙しい合間を縫って石田がわざわざ会いに行ったこの男性は、いったい誰なのか。

「彼は、新進気鋭の帽子ブランド『サラヴァ』のデザイナー・坂口直顕(なおあき)さん(41才)です。この日、石田さんとは初対面だったそうですよ」(芸能関係者)50才とは思えないほどチャーミングで、お気に入りのインテリアに囲まれてペットと暮らす石田は、独身女性の憧れの的になっている。

しかし石田は、5月に配信した自身のインスタライブで「本当は20代で結婚すると思っていた」と告白。

結婚への未練とも思えるような発言をした矢先に出会っていたのが坂口さんだった。

「石田さんは、“自粛期間中に英会話を始めて、週に2回勉強をしている”とか、自分のことを積極的に話していました。石田さんが会話をリードしていて、最初は緊張気味だった男性(坂口さん)もすぐに打ち解けていたようです。石田さんが“帽子のブランド、ネットでなんて検索すれば出てきますか〜?”って言いながらスマホで調べたりして、いい雰囲気にも見えました」(前出・居合わせた客)大盛り上がりの一行は2軒目に移動し、お開きになったのは日付が変わる頃だった。

後日、石田はインスタグラムに《最近とても気に入っている帽子です》とのコメントとともに、坂口さんがデザインした帽子を被って微笑む自身の姿をアップしている。

坂口さんのブランド名『サラヴァ』はポルトガル語で「祝福」を意味するという。

石田に新たな恋という“祝福”が訪れる日も近い!?

■「もう、呆れるしかない」
女優の石田ゆり子が20日にインスタグラムを更新し、自身に関する一部報道に「根拠のない記事を書くのをやめてください」と苦言を呈した。

石田は「撮影は、まいにち暑さとの戦いです。そしてお天気との戦い。こんな可愛いてるてる坊主がわたしを迎えてくれて まいにちお守りがわりに持ち歩いています」とつづり、てるてる坊主の写真をアップ。

その上で「話は飛びますが とある食事の席がお見合い、と言われてるらしいと聞きました」とし、石田と年下デザイナーの会食を報じた一部女性誌の記事に言及。

「あの…ほんとにそういう、根拠のない記事を書くのをやめてください」と呼びかけ、「もう、呆れるしかないです。なんというかもう、言葉もありません」と吐露していた。

■華麗なる恋愛遍歴
この件についてネットでは、「もはやこれは名誉棄損なのでは?」「裏取りをせずに飛ばしの記事を出すのは失礼極まりないよね」と、石田に同情する声が多く上がっている。

また、「中華調理屋でお見合いとか、普通に考えてありえないのでしょ」と、「ポストセブン」の“お見合い説”の信憑性は実際問題かなり低いのではないか、という声も。

とはいえ一方で、「コロナ禍のなかで会食はどうかと思う」という声や、「こうやって取り上げられることがある意味で人気の秘訣なのでは?」という声も散見されるのだが……。

1987年にデビューした石田は、実妹の石田ひかりとともに、いまや女優として“大御所”といっても過言ではないポジションを獲得。

若い読者には、大ヒットドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(2016年、TBS系)などでの印象しかないかもしれないが、実は昨今は、女優“以外”での活躍も目立っている。

「犬や猫をたくさん飼っていることで有名で、インスタにはその画像がしばしば登場して好評を博しています。また、オリコン年間ランキングの写真集部門で3位を獲得したフォト・エッセイ集『Lily ―日々のカケラ―』(2018年、文藝春秋)や、ファッションフォトブック『LILY’S CLOSET』(2020年、マガジンハウス)も好評で、アラフィフ女性にファンが多い。女優業のみならず、自身のライフスタイルをうまく見せて同性の支持を得ている印象ですね」(芸能プロ関係者)【Amazon】

■岡本健一との不倫疑惑
一方で、恋多き女としての顔もあわせ持ち、50歳とは思えない美貌と色気も人気の秘訣、と語るのは前出の芸能ライター。

「現在では“落ち着いたしっとり美人”といったイメージの強い石田さんですが、“恋多き女”としての顔も持っています。古いところでは、1993年放送のドラマ『振り返れば奴がいる』(フジテレビ系)で共演した石黒賢とは、ゴールイン間近だったともっぱら。一説では石田の父親の反対が原因で破局したとも報じられています。さらには、林真理子原作の大ヒット不倫ドラマ『不機嫌な果実』(1997年、TBS系)で共演した岡本健一とは、実際に不倫関係におちいったとの報道も。岡本健一といえば、ジャニーズ所属のアイドルグループ・男闘呼組の元メンバーで、現在はHey! Say! JUMPのメンバーである岡本圭人の父親。岡本健一は1992年に結婚し、1993年に岡本圭人が生まれていますから、報道が事実なら、幼い息子がいながら……ということになりますね。ほかにも、多くの俳優や著名人との噂があり、恋多き女性として知られていることは間違いありません」(前出・芸能ライター)

■反論はファンへのアピールか
石田が今回の熱愛報道を公式インスタを使ってまで報道直後にみずから否定していせたのには、彼女の“ファン層”の存在もあるのではないか、と、この芸能ライターは続ける。

「実は石田さんは、同年代の同性のみならず、同年代の男性ファンも多いんですよ。オヤジ系週刊誌の編集者から、『石田ゆり子ネタは鉄板。ちょっとした過去の振り返り企画なんかでも読者人気が高い。それこそ若い頃は『不機嫌な果実』で不倫妻を演じながら、今もあの美貌なわけで、そういった彼女を若い頃から眺め続けてきたアラフィフ男性からすれば、ついつい目が行ってしまう存在なのかもしれません。今回、石田さんが即座に自分のインスタで報道を否定したのは、そうした現在のファンへの“アピール”という側面もあるように思われます」(前出・芸能ライター)「女性セブン」報道の真偽はともかく、この報道を信じるに足るような“恋愛遍歴”を彼女が歩んできており、「この報道もまた事実なのでは……?」と考えてしまうアラフィフファンが多いことは、紛れもない事実のようだ。

【日時】2020年08月21日
【提供】gossip!>
【関連掲示板】


続きを読む

Source: 芸能ニュースまとめサイト
【芸能】石田ゆり子「もう呆れるしかない」お見合い報道を速攻否定も…実は恋多き女 華麗なる恋愛遍歴