【芸能】『噂の!東京マガジン』だけじゃない!日曜の高齢者番組に忍び寄る「打ち切り」の危機

【芸能】『噂の!東京マガジン』だけじゃない!日曜の高齢者番組に忍び寄る「打ち切り」の危機

1 爆笑ゴリラ ★ :2020/12/20(日) 11:43:15.45 ID:CAP_USER9.net BE:477040464-2BP(0)

12/20(日) 9:31
週刊女性PRIME

『噂の!東京マガジン』だけじゃない!日曜の高齢者番組に忍び寄る「打ち切り」の危機
左から森本毅郎、ビートたけし、和田アキ子、関口宏
 高齢化社会が進む中、それはテレビ業界も例外ではないようだ。このところ、長年放送されてきた“長寿番組”終了のニュースが続いている。その裏で囁かれる、出演陣の「高齢化問題」。テレビの世界でいったい何がーー。コラムニスト・テレビ解説者の木村隆志さんが解説する。

『火曜サプライズ』(日本テレビ系)、『爆報!THEフライデー』(TBS系)、『メレンゲの気持ち』(日本テレビ系)など、このところ長年放送され続けてきたバラエティーの終了を知らせるニュースが続いている。

 コロナ禍の長期化によってアポなしロケが不可能になった『火曜サプライズ』のような不運もあれば、裏番組の『ザワつく!金曜日』(テレビ朝日系)との戦いに敗れた『爆報!THEフライデー』のような悲しい結末もあるが、最も業界内をザワつかせているのは、『噂の!東京マガジン』(TBS系)の終了。来年3月で約32年間にわたる歴史にピリオドを打つことになったのだが、視聴率は今なお日曜13時台の時間帯トップを叩き出しているだけにショックは大きい。

 ただ、業界内をザワつかせている最大の要因は、その理由にレギュラー陣の高齢化が挙げられていること。確かに森本毅郎(81歳)から、井崎脩五郎(73歳)、清水國明(70歳)、山口良一(65歳)、笑福亭笑瓶(64歳)、風見しんご(58歳)、深沢邦之(54歳)、さらにナレーターの乱一世(70歳)まで高齢者で固められている。

 芸能界のベテランであり、番組の功労者である彼らには、それなりの報酬が必要であり、しかも他番組と比べても明らかに人数が多い。コロナ禍で広告収入が激減する中、ベテランのリストラが最も手っ取り早い対処方法であることは、一般企業と同じ論理であり合点がいく。

 しかし、それでも民放各局は、かつてなら視聴率優先の方針を採ってきただけに、やはり「今春に視聴率調査がリニューアルされた影響が大きい」と見られている。これによって各年齢層の視聴動向がわかりようになり、各局は多くの広告主が求める13歳~49歳の視聴者層に向けた番組制作をはじめた。

 TBSはもう少し上限年齢が高く13歳~59歳を「ファミリーコア」と呼んでターゲット化しているが、高齢出演者の多い『噂の!東京マガジン』の視聴者層とは一致しないため、「高視聴率のメリットは限定的」「番組終了もやむなし」という声が聞こえてくる。

 同じTBSでは『爆報!THEフライデー』も高齢者の視聴者層がメインの番組。MCの太田光(55歳)、田中裕二(55歳)、田原俊彦(59歳)は『噂の!東京マガジン』ほど高齢ではないものの、視聴者層が「ファミリーコア」とは真逆の中高年層向けであることが終了する理由の1つと言われている。


(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/ebaa02e18e4cb3ddba0cccaee59cf4d2150a8a54
>>2続く

続きを読む

Source: 芸能ニュースまとめサイト
【芸能】『噂の!東京マガジン』だけじゃない!日曜の高齢者番組に忍び寄る「打ち切り」の危機